ブログ開拓記Part 337 “まずは、グラフィック力の向上!!”

日記

こんばんは、ちきなるです。

 

前回。

ことしのほうふ。

 

 

今年の抱負で、言った通り、

ゲームを開発するぞ!!

アイディアは、色々あるので、

いきなり作り始めても、良いのですが・・・。

 

モチベーションを保てそうに、ありません。

(どうせ、遊んでもらえないし・・・)

 

では、

どうするか・・・。

グラフィックの勉強をしよう!!

 

モチベーションが、落ちる原因の一つが・・・。

グラフィック。

 

どうしても、

完成度が低くなってしまい、

これじゃだめだ~。

 

でも、

どうしたらよいんだ~。

って、なります。

なので、

改めて、グラフィックの勉強をしようかな?

と、思いました。

 

 

軽く調べたところ・・・。

 

2Dゲームでも、

色々と、表現方法がありました。

 

例えば、

3Dオブジェクトを使った、

2Dゲーム。

3Dゲーム用の、奥行きのある素材を使って、

2Dゲーム(奥行き無し)を作る。

例えば、

3D空間に、2D素材を配置して、

2Dゲームを作る。

奥行き有りで、2D素材を並べる!!

 

 

ただ、2D素材を並べるより、

立体感が出て、ゲームの質が、向上します。

 

ですが、

3D素材を作れたら、3Dゲームを作るわ!!

 

なので、

3D空間に並べる手法を使っていこう。

と、思います。

 

ざっくり、説明すると・・・。

 

Main Camerainspecterの、

ProjectionPerspective(透視投影)に切り替える。

(赤枠のプルダウンメニューから、Perspectiveを選択)

これで、透視投影になります。

 

透視投影は、

カメラで、奥行きが表現されます。

(手前の物を多きく、奥の物を小さく描画)

 

それと、

Sceneビューを2Dから、3Dへ変更!!

(赤枠部分をクリック)

この2つを設定すると、

奥行きのある描画が、表現できます。

(あくまで、描画だけです。

ゲームは、2Dゲーム(奥行き無し)です)

 

 

その他、

Spriteを分割してのアニメーションも勉強中。

こちらは、

もう少し勉強してから、まとめよう。

と、思います。

 

 

次回。

コメント

モバイルバージョンを終了
タイトルとURLをコピーしました