ゲーム開発記 Part5 ”Unityを勉強したよ”

ゲーム開発記 Part5 ”Unityを勉強したよ”

こんばんは、
勉強中、間違った所を見つけると、調べるために逆にやる気がでてくる ちきなるです。

今まで、ブログの書き方がまとまっていなかったため、挨拶を書いていなかったのですが、
挨拶は、人間関係を始めるきっかけになるとても大事な行為なので、これからは挨拶を書いていこうと思います。

 

 

前回Part4から引き続きUnityの勉強回なのですが、文章に起こしてみるととにかくつまらない。書いていても、読んでいてもつまらなすぎたので、ざっくりまとめることにしました。

何を勉強したかと言うと、はじめてのUnityで3Dゲームを作り、2Dゲームの途中までやりました。2Dゲームを途中でやめた理由は、イラストやアニメーションのつけ方がメインだったので、必要になったら改めて勉強しようと思ったからです。

はじめてのUnityで勉強した結果、ざっくりと使い方はわかったもののゲームを作る自身は付かなかったので、他のサイトも使用することにしました。

次に使用したサイトは、”OpenBook“と言うサイトの”Unity入門“を使用しました。
※少しサイトが重いようなので、リンクは貼りません。

Unity入門には、注意点が2つあり
1つ目は、少し情報が古いこと
2つ目は、プログラミング言語がJaveScriptを使用していること

1つ目は、Unityで警告が出るので、インターネットで検索して最新の情報に修正しなけらばいけません。
2つ目は、現在のUnityでは、JavaScriptは廃止され、C#のみなので、JavaScriptからC#に書き直さなければいけません。

2つの注意点があるので、あまりおすすめはできませんが、私は逆にUnityに対する知識が深まった気がするので、結果として良いサイトだと思います。

上記2つのサイトでUnityを勉強した結果、ゲームが作れる気がしたので、Unityの勉強は終了して、ゲーム開発を始めていこうと思っています。

ちなみに、私がブログを始めようと思ったタイミングが、Unityの勉強が一通り終わった時で、この日記で現実の状態とブログの状態一致しました。