ゲーム開発記 Part 11 “ベクトルによる正負の氾濫”

ゲーム開発記 Part 11 “ベクトルによる正負の氾濫”

こんにちは、
今更ながら、負の数の除算について調べなおした ちきなるです。

現在パズルゲームを作成中です。

まずは、ブロックの移動を作ろうと試行錯誤していたのですが、Unityでは座標の取り方が複数あったり、マイナス方向へのベクトルの取り方がわからなかったり頭がパンク寸前です。

終いには、マイナスからマイナスを割ったら、プラスだよね?あれ?マイナスだっけ?と混乱が深まる一方でした。

混乱しながらも、何とかブロックの移動ができるようになりましたが、今度は接触の判定がわからなかったので、今日のところは、この辺で勘弁してやることにしました。

Unityの座標とかは、後で記事にまとめようと思います。(備忘録+お小遣い稼ぎ)