Not自作(シャドバ) part 68 “アミュレット追加きたーーー”

Not自作(シャドバ) part 68 “アミュレット追加きたーーー”

こんばんは、
連続更新 ちきなるです。

 

新カードの発表が始まったので、ビショップの新カードが発表されると更新します。

予想通りアミュレットが来ました。この調子で、3コスト、4コストのカウントアミュレットも宜しくお願い致します。

4コストまで強いのが追加されると、ワンチャン欺瞞の疑神も・・・。

 

では、発表されたビショップの新カードを見ていこうと思います。効果はいつも通り意訳しています。

 

鳥の湖
2コスト アミュレット
3カウント
ファンファーレ:自分の手札の枚数が相手の手札より多い時カウント-1
ラストワード:アダマントバード(3/5突進)1体を場に出す。

後攻だと最強です。

2ターン目に置くと4ターン目に出てきます。4ターン目に進化フォロワーと合わせて盤面の制圧ができます。なので3ターン目にアミュレットが置けるという。

詠唱:翼の砂時計の互換カードですね。汎用性ではかなり劣りますが、後攻2ターン目に限れば、こちらの方が強い。

このカード、ハゲでお馴染み鉄槌の僧侶と相性が良さそうです。ハゲ復活か?

ただし、先行ではどうなるかわかりません。

先行5ターン目で盤面を取り返せるのかどうか。こればかりは採用するデッキ次第ですね。4ターン目、5ターン目に強い動きができるデッキなら良いですが、そうじゃないと先行だと出すのがきつそうです。

さらに言うと、アグロデッキに対しては先行だと絶対に出せないカードです。

環境と、採用デッキ次第です。

後1つ、多いという表記は同数だとダメなのか。私はちょっとわからないです。多分、同数はダメだと思うんですが、この辺りがちょっとわからないです。すみません。

ちょっと追記

寝て起きたらちょっと考えが変わりました。ってか2つほど気づきました。

1つ目、ウィッチに対して弱いかも?

ウィッチ先行1ターン目知恵の光、2ターン目ソロモン

これに対して自分が後攻1ターン目パス、2ターン目鳥の湖をすると、手札がお互い5枚になります。つまり同数。

ファンファーレが発動しない可能性が・・・。

 

2つ目、新カードの黄金の鐘との相性が悪いかも?

相手先行1ターン目パス、2ターン目2コスト1枚

これに対して自分が後攻1ターン目黄金の鐘、2ターン目鳥の湖をすると、手札がお互い4枚になります。これまた同数・・・。

ファンファーレ能力が手札同数で発動しない場合、かなり微妙な可能性があります。

もしかしたら、かなり弱いかもしれません。

以上、追記でした。

 

次は、

黄金の鐘
1コスト アミュレット
3カウント
ファンファーレ:自分のリーダーを1回復
ラストワード:カードを2枚引く

はい、強い。

詠唱:聖なる願いの上位互換です。

ほぼ全てのビショップデッキで3積みされるのではないでしょうか。

さらにファンファーレで回復できるので、天狐の社みたいな回復に反応して効果を発動するカードが追加されると、やばいですね。

最近のビショップは隙なく置ける2ドローカードがほぼ無かった。唯一封じられた法典がありますが、フォロワーが置けなくなるので、採用が難しいです。

そこにきて、1ターン目に設置できる2ドローカードは強い。

 

2枚ともデッキの幅を広げてくれる良いカードです。

後は、レジェンドにどんなカードが追加されるか。

1枚は、狂信の偶像の復刻で確定でしょう。PVに出てくるので。

どういう効果になるか。理想は、4コスト潜伏で前回と同じ効果だと最高です。最悪でも選択できないにして下さい。お願いします。

前回の狂信の偶像さんは、スペルでさっくり処理されていました。

あの当時、今と比べて除去スペルの採用が多かったので、さっくり倒されていました。

さらにアミュレットを並べてからの、進化権を使った大量展開。そこからの返しのAOEで詰んだのは良い思い出です。慈悲も容赦もなかったですね。

今だと、選択されなければ、安息の領域ペトラで何とかなるので、お願いします。

ただ、旅ガエルのついでにAOEでふっとばされる未来が見える気がします。

 

あ、後グランプリ、ロイヤルで4勝できました。

デッキは撮り忘れました。次は気を付けよう。

 

 

© Cygames, Inc.  

本ウェブサイト/アプリケーションは、Cygamesと提携関係にあるものでも、Cygamesが推薦するものでも、スポンサーとなっているものでも、個別に承認したものでもありません。Cygamesは本サイト/アプリケーションの運営または内容について責任を負うものではありません。Cygamesの商標およびその他の知的財産の利用は、Cygamesのファンキット利用規約に従う必要があります。Cygamesについて詳しくは、同社ウェブサイト(https://www.cygames.co.jp/)をご覧ください。