シャドバ(Not自作) part 143 ”ローテ落ち(ALT)”

シャドバ(Not自作) part 143 ”ローテ落ち(ALT)”

こんばんは、ちきなるです。

 

今回は、新弾追加時にローテーションで使えなくなるカードを見ていこうと思います。所謂ローテ落ち。

次にローテーションで使えなくなる弾は・・・。

 

次元歪曲(ALT)

 

今でも環境デッキで使われる、強いカードが多かった弾です。

ですが、私はビショップのみを見ていきます。

今回は、ニュートラルもスキップ!!

では早速見ていこうと思います。

 


 

ビショップの一覧が、こちら。

個人的にかなり思い入れの強い弾ですが、その辺りは最後に書くとして・・・。

まずは、レジェンドカードから。

全体的にくせの強いカードが多いです。


楽園の聖獣

横展開が強かったカードです。

特に後攻4ターン目の強さは、当時かなりの物でした。

デメリットとしては、楽園の聖獣でデッキが圧迫され、他のカードが引けない可能性が高まること。

序盤は良いのですが、後半、6ターン目ぐらいからパワーが足らず、楽園の聖獣を引くことが負け筋になるカードです。

6ターン目や7ターン目に勝てる早いデッキでは強いですが、長丁場を見据えたデッキでは、少し使いにくいカードです。

そんなわけで、今ではほとんど見かけません。

一時期、デスティニーウィングナイトのサーチカードとして注目されましたが、あまり流行りませんでした。


審判の聖女・ライナ

かなり環境を選ぶ、癖の強いカードです。

状況が揃えば相当強いのですが、状況を揃えるのがめちゃくちゃ難しいです。

最悪、4/5バニラになります。

ですが、ひとたびハマると、自分のフォロワー複数体にバフを掛けつつ、相手のフォロワーを全処理!!見たいな事が出来ました。

もしもの時、あると心強いのですが、もしもが来ないと全く使わないカードです。

今は、もしもの時では無いので、ほぼ使われていません。

個人的には、聖騎兵にバフを掛けつつ、クオンだけ倒せるので、ワンチャンスある気もしますが、今は使われていません。


聖騎士・ヘクター

ギリギリ、環境で使われているかも?しれないカードです。

今でもカードのパワー自体は高いのですが、如何せん、デッキとの相性が悪いです。

ヘクター自体が3面埋めるので、アミュレットとの相性が少し悪いです。

なのに、前々環境はエイラの祈祷

前環境はナテラの大樹

 

今環境で、ようやくアミュレットが無くなりましたが、代わりに聖騎兵が並びます。

さらに言うと、ファンファーレの攻撃バフが、ほぼ意味がない。

守護が主体なので、バフが掛かっても相手リーダーを殴れない。

そんな感じで、強いのにデッキに愛されなかったカードです。

ですが、ひとたび相性の良いデッキが出てくると、高いパワーを発揮してくれるので、使えなくなるのは惜しいカードです。


続いてゴールドカード。

セクメトは飛ばして、

マーロン射殺す輝きを見ていきます。


均衡の光・マーロン

単純に、3コスト 3/3 が強いです。

さらに、規律の聖痕をお互いの手札に1枚追加するのが、地味に強い。

1ドローとして使っても良いですし、相手が使えば、1点回復。

耐久がしやすくなるカードです。相手の手札圧迫で妨害も出来ます。

少し前まで、3コストが弱かったビショップにとっては、かなり優秀なカードです。隙あらば使っていました。

ですが、今は3コストが、かなり補強されたので、もう出番は無いでしょう・・・。


射殺す輝き

書いている事は、相当強いです。

ゲームがゲームなら、ぶっ壊れていたカードだと思います。

が、これはシャドウバースです。

残念ながら、シャドウバースでは使えないカードでした。

私は、かなり好きなカードで、隙あらばデッキに入れて、2,3日後にデッキから抜いていました。

書いている事は強いのですが、フォロワーが残りにくいシャドウバースでは、使えないカードでした。


シルバーは飛ばして、次はブロンズカード。

安息の狂信者いにしえの聖域を見ていきます。


安息の狂信者

AOEカードです。

攻撃力が0という点がネックですが、それを補って余りあるパワーを持っていたカードです。

特に、体力が2以下のフォロワーが多く採用されていた環境では、猛威を振るいました。

 

最近では、スタッツの高いフォロワーが増えましたし、何と言ってもクルトがいます。

いまでは、ほぼ使われないでしょう。

唯一クルトに勝っている点は、進化権がいらない所。

環境によっては、クルトより優先される事もあるので、使えなくなるのは、惜しいカードです。


いにしえの聖域

かなり使うのが難しいカードです。

ファンファーレでのバロンは、フォロワー処理で倒れますし、3カウントなので、場合によっては開く前にゲームが終わります。

かなり使うのが難しいカードですが、ハマった時はかなり強いです。

今でも使っている方はいるのではないでしょうか。

私は、あまりうまく使えませんでした。

リベンジする前にローテーション落ちなので、ちょっと悔しいです。

 


 

ざっくりですが、次のローテーション落ちは、こんな感じです。

全体的に、くせの強いカードが多いため、今はほとんど使われていません。

ですが、環境次第でぶっ刺さるカード達なので、使えなくなるのは、かなり惜しいカードが多いです。

新弾では、くせの強いカードをお願いします。

 


 

次元歪曲は、個人的にかなり好きな弾です。

その次の、鋼鉄の反逆者と合わせて、AAからマスターを目指した弾なので、思い入れもひとしお。

この弾のカードについては、セクメト安息の顕現以外は、全て語れます。

が、それをすると長くなるので、断腸の思いでカードを選別し、なるべく淡々となるように書きました。

 

この弾がローテーション落ちするのは、ちょっと寂しいですが、それだけ長くシャドウバースを遊んでいるという事なので、運営様に感謝です。

 

ちなみに、セクメト安息の顕現は、ほぼ使った事が無いです。

セクメトに至っては、未だに1枚しか持っていません・・・。

なので、語れないのです。嫌いとかそういう事では無いのです。使い方が分からなかっただけなのです。

 

 

© Cygames, Inc.  

本ウェブサイトは、Cygamesと提携関係にあるものでも、Cygamesが推薦するものでも、スポンサーとなっているものでも、個別に承認したものでもありません。Cygamesは本サイトの運営または内容について責任を負うものではありません。Cygamesの商標およびその他の知的財産の利用は、Cygamesのファンキット利用規約に従う必要があります。Cygamesについて詳しくは、同社ウェブサイト(https://www.cygames.co.jp/)をご覧ください。