LoR日記(Not自作) part 3 ”セジュアニが楽しい”

LoR日記(Not自作) part 3 ”セジュアニが楽しい”

こんばんは、ちきなるです。

 

日記の更新は久しぶりですが、毎日ちょびちょびやっております。

とはいえ、1日に2, 3戦しかやっていないのですが・・・。

 

おかげで、未だにブロンズを抜けていなかったり・・・。

そろそろ、ランクを上げたい気持ちもありますが、中々手を伸ばせなかったりします。LoLもやっていますしね。

 

と、いう訳で、今回のシーズンは、シルバーに行けたら良いかな?ぐらいの気持ちでやっていきます。

次シーズンは、LoLに慣れていたら、頑張ります。

ちなみに、今回のシーズンは、24日の午前1時で終了するようです。

 


 

話は変わって、最近使っているデッキなのですが・・・。

 

前回。カタリナを使いたいと、言っていたのですが、断念しました。カードが足らん。

カタリナを使うのならば、カタリナが倒されないようにしたい。

ついでに、リコールも上手く使えたら、なお、良し。

と、考えた結果、アイオニアのカードと合わせたいと、思いました。

バリア付与がありますし、いざって時のリコール。などなど。

さらに、ヤスオがいます。

ヤスオの進化条件がリコール or スタンなので、相性が良さそう?

 

ってことで、アイオニアのカードを合わせたかったのですが、カードが足りませんでした。

今後、ヤスオとか、シェンが手に入れば、改めてカタリナを使おうと思います。


そうなると、何のデッキを使うか・・・。

悩んだ結果、思い出したのが、セジュアニ。

LoRを始めてすぐぐらいに、ノーマル戦でセジュアニにボッコボコにされたのを思い出しました。

その時、いつかセジュアニのデッキを使おうと、決めていたので、作ることにしました。

 

結果、こんなデッキになりました。

CEBQCAIBCYBQEAICAYDQKAQGAUGRILJ4AIAQEAIKAQBAMCYRDUQAEAIBAETQEAQBAEEA

 

デッキの解説をしますと。

セジュアニのレベルアップが最優先。

セジュアニのレベルアップ後は、凍結で相手のダメージを防ぎつつ、オーバーパワーや効果ダメージで相手を削り切るデッキです。

 

大事なのは、2点。

1つ目は、相手ネクサスにダメージを入れるタイミング。

自分がアタックトークンを持っているラウンドにダメージを入れていくと、先行で9ターン目、後攻で10ターン目にレベルアップができます。

かつ、相手がアタックトークンを持っているラウンドに、1度ダメージを与えられると、先行で7ターン目、後攻で8ターン目になります。

先行7ターン目、後攻8ターン目にレベルアップが出来れば、大体間に合います。

とはいえ、アタックトークンを持っていても、ダメージを与えられないタイミングは有るので・・・。

2ラウンドを1まとめで考えて、基本はどちらか片方で、ネクサスにダメージを与える事を考えます。

それで、手札や、ユニットに余裕がある時に、2ラウンド連続でネクサスにダメージを与える。

こうすると、最低限の損失で、セジュアニをレベルアップすることができます。

 

2つ目が、セジュアニ進化後、どうやって凍結を発動させるか。

アタックトークンを持っている時は、ガングプランクなど、アタック時にダメージを与えられるユニットを使えば良いのですが、相手がアタックトークンを持っている時が問題です。

ほぼほぼ、スペルの効果でダメージを与えなければいけないので、手札にスペルを残すように動くのが大事です。

スペルを温存するために、あえてダメージを受けたりするのも大事です。

 

てな感じで、上の2点を守るようにしたら、かなり勝率が上がりました。ブロンズ帯ですが・・・。


で、ですね。

セジュアニって、今、流行っているのですが、流行のデッキとは、ちょっと違います。

あえて、変えた。

 

という訳では無く、調べる前に作っただけです。

後で調べて、なるほどな~。と、感心したものです。

作る前に調べていたら、確実に引っ張られていたと思います。

盗品3積みしていましたね。ぜったい。

 


 

最後にリプレイ。というか、プレイ時のゲーム画面を録画してみたので、試しに貼って見ます。

ちなみに、2戦ありますが、どちらもセジュアニは登場しません。

 

1戦目。アグロ。

パッチ1.1の頃に流行っていた、ノクサスとピルトーヴァー&ゾウンのアグロデッキです。

ナーフが入ったと言っても、未だに強い。気を抜くと、負けます。

 

2戦目。多分アグロ。

手札が事故ったのだと思います。

今後も、その日の試合をそのまま載せると思うので、こんな感じの試合もあると思いますが、ご了承ください。

多分、撮るはず。多分。

 

 

当ブログ は Riot Games に保証を得たものではありません。また、Riot GamesやLeague of Legendsの公式なプロデュースやマネージングに関係する全ての人物の見解や意見を反映してはいません。 Riot Games, Inc. League of Legends © Riot Games, Inc.はRiot Gamesの商標または登録商標です。