Not自作(シャドバ) part 60 “ロイヤルむずい”

Not自作(シャドバ) part 60 “ロイヤルむずい”

こんばんは、ちきなるです。

 

巷じゃロイヤルは、むずかしい。むずかしい。と言われておりますが、良くわかっておりませんでした。

だって、使ったことないから。

 

ですが、最近ようやくロイヤルが難しい理由がわかってきました。

 

初め、レイサムを着地される前にLPを削り切る。という方針で戦っていた所、白刃の剣舞でボコボコにされていました。

で、どうせ負けるのなら盤面重視で長期戦だと切り替えた所、少しずつ勝てるようになってきました。

それでも負け越していますが、前ほど絶対勝てない。とはならなくなりました。

 

理由としては、盤面に相手のフォロワーを残さないようにすると、白刃の剣舞を使えません。特にエンハンスで。

その代り、リーシャが厳しくなりますが、こちらのフォロワーをなるべく残すように立ち回ると、リーシャが来ても盤面を取り返せたりします。

状況毎に何を重視するのか。あえて盤面を弱くして白刃の剣舞を打たせたり、相手のフォロワーを倒して、LPを削らなかったり。

かなり考えます。

対戦相手の私が、やたらと頭を使わされているという事は、ロイヤルを使っている本人はもっと頭を使っているのではないでしょうか。

 

特にロイヤルは、強いカードが多いので、何を切るのか切らないのか。とか色々考えているでしょうから、やっぱりロイヤルを使うのは難しいのでしょう。

 

話は変わって、今使っているデッキ、名付けて安息ソニアデッキですが、少し変更しました。

Shadowverse Portal

射殺す輝きを無くして、セイント・コアを2枚にしました。

射殺す輝き。使える時はすごく強いが使えない時は全く使えない。まあ、前から知ってはいたのですが何とかなるかな?と思いましたが、なんともなりませんでした。

なので、守護対策 + 楽園の聖獣進化用にセイント・コアを追加しました。

 

最後にリプレイを少々。

良い動きが出来ました。

1戦目のロイヤル。打たせる動きをしてみました。正直厳しかった。他の動きだと後々辛くなるので、エサを巻いてスペルを打たせようとしたところ、上手くはまり、勝てました。

2戦目のビショップ。安息ソニアが上手くいきました。正直、引けていなければ負けていました。が、引けたから勝ちました。