Not自作(シャドバ) part 80 “改めてエイラについて”

Not自作(シャドバ) part 80 “改めてエイラについて”

こんばんは、
最近復讐に勝てない ちきなるです。

 

後一歩まではいくのですが、ラウラとかで負けます。それ以前にプレミも多かったりするので、改めてエイラについて考えようかなと思います。

 

まず、リモニウム

最近は、リモニウムいらない説が出ています。

私は入れていないのですが、6コスト突進枠としての採用は有りだと思いますし、リモニウムの救済は強いので使いこなせるのであれば、十分強いと思います。

ただし、打ち先が決まっていない、リモニウムの救済は相当難しいと思います。

前環境でリモニウム使っていましたが、リモニウムの救済の打ち先を1つ間違えるだけでリーサルを逃したりとか結構ありました。

2ターン、3ターン先まで見据えないと使うのが難しいと思います。かといって使うまで貯めておくと、手札パンパンでカードが燃える可能性があるので、難しいです。

私は、使いこなせる気がしないので、リモニウムは入れていませんし、今後も多分入れないと思います。

とりあえず、リモニウムの救済の打ち先をじっくり考えて、それでも弱いと思ったらさっくり抜いた方が良いと思います。

 

次、オリヴィエ

私はおすすめですが、人気は低いようです。

オリヴィエは、基本的にリテュエルクルトの進化用で、エイラはあくまで保険です。

先行だと2回しか進化ができないので、フニカルをセットで入れるのが良いと思います。

フニカルは、進化回数用でありつつ、進化権温存や、カラミティの返し、体力4以下だと2面処理も狙えるので、普通に強いと思います。

ネックは2ターン目に切りにくいことですが、復讐ヴァンパイア以外なら出しても良いと思います。

オリヴィエはおすすめで、3積みしても良いと思いますが、評価は低いようです。

 

次、イミナ

とても評価に困るカード。

正直おすすめはしません。使うのがすごく難しい。未だに失敗します。

ただし、上手く使えた時は相当強いです。

元々は、先行の時、復讐ヴァンパイアの後3ユリウスの返しに採用しました。先3ユリウスは無視して4ターン目に倒せば良いのですが、後3ユリウスはやばいです。

最悪の場合、アザゼルでフォロワーを処理されつつ、ユリウス進化→顔。とかされると大体終わります。

それ対策に採用しました。後は守護裏潰し。

なのですが、やはり呪具が返ってくるターンの調整が難しいですし、適当に出したら次のターン、呪具にしたいカードを相手に出されて負けたり・・・。

とにかく使うのが難しい。

私の場合、フラワーフェザーフォルクも採用しているので、手札の事故率も上がっているので、どうしたものか未だに悩んでおります。

フラワーフェザーフォルクは正直抜いた方が良いと思いますが、このカード好きなんですよね。もう趣味で入れます。そんな感じ。

イミナはクセの強い効果なので、使うのが相当難しい。これを使いかなせる人は相当頭が良いと思います。そのくらい難しいので、入れない方が良いと思います。

私はミス込みで面白いと思うので抜きません。抜きたくなりますが、抜きません。

 

次、ソニア

上手く出せると相当強い。

相手の盤面が空の時にエンハンスで置けると相当強いと思います。

倒す手段がかなり限られているので、刺さると勝ち確レベルで強いです。

ただし、出すのが難しい上に、倒す手段自体は有るので、過信は禁物。そんな感じです。

 

最近は、エイラ引けない事故とか、判断ミスとかで良く負けております。

後、エルフとウィッチが増えたのがちょっと辛い。

エルフの除去性能が高いので、適当に出すと手札が無くなって負けます。ウィッチも横にガンガン並べたあげくに疾走で顔をバシバシ殴ってくるので、気を抜くと負けます。

正直、エルフ、ウィッチはかなり強いと思うのですが、エイラ有利らしいです。

私は良く負けるので、ダメ見たいです。

 

最近リプレイをどうしたら良いのかわからなくなってきました。

エイラが楽しくて、そこそこプレイしているので、どれを選んで良いものかわからないです。

とりあえず、今後の課題という事で・・・。

 

あ、ちなみにグランプリ決勝は1勝できました。

その後ヴァンパイアに2連敗しました。

 

 

© Cygames, Inc.  

本ウェブサイトは、Cygamesと提携関係にあるものでも、Cygamesが推薦するものでも、スポンサーとなっているものでも、個別に承認したものでもありません。Cygamesは本サイトの運営または内容について責任を負うものではありません。Cygamesの商標およびその他の知的財産の利用は、Cygamesのファンキット利用規約に従う必要があります。Cygamesについて詳しくは、同社ウェブサイト(https://www.cygames.co.jp/)をご覧ください。