シャドバ(Not自作) part 139 ”かわせばよいんだ!!”

シャドバ(Not自作) part 139 ”かわせばよいんだ!!”

こんばんは、ちきなるです。

 

ようやく4勝できました。

毎度ウィッチに2敗し、今日ようやく4勝出来ました。

ウィッチ0戦で・・・。

 

正確には1度ウィッチに当たったのですが、負け確定から相手のプレイミスで勝ちました。

炎の握撃聖騎兵に打たれると負けだったのですが、神聖なる先導者炎の握撃が飛んできて勝てました。

私もたまに相手リーダーの体力を見ずに、フォロワーを処理してしまいます。

まずは、リーサルが無いか確認する癖をつけたいですね。

 

残りはエルフ2(コントロール, アマツ)、ネクロマンサー1です。

 

Aグループ決勝行ける気がしませんが、ラウンド2も頑張ります。

 


 

アディショナルカードの発表が始まりました。

せっかくなので、公開された2枚を見ていこうと思います。

 

いつも通り効果は意訳です!!


まずは、

レヴナントソウル・アーカス
7コスト 6/6(8/8) フォロワー
結晶3:カウントダウン 10
能力によって破壊,消滅されない。
カウントダウンでは破壊される。
自分のフォロワーが進化するたび、ゴースト1体を出し、カウントを2進める。
ラストワード:レヴナントソウル・アーカス1体を出す。
本体:能力によって破壊,消滅されない。
自分のターン終了時、x/xにする。
xは現在のターン数。

ざっくりいうと、

結晶は、自分のフォロワーが進化するとゴーストを出すアミュレット。ついでにカウントを2進める。

アミュレットのラストワードで、レヴナントソウル・アーカス(本体)が出てきます。

 

本体の方は、破壊と消滅に耐性を持ったフォロワー。消滅耐性は初?(イージスは除く)

で、ターン終了時に終了したターン数に 攻撃/体力 を変更する能力です。加算では無く変更です。

例えば、7ターン目に出すと、ターン終了時に 7/7 になります。

後、多分ですが、体力が減っていても戻ります。

8ターン目に、7/1でターン終了すると 8/8 になるはずです。

実際に動きを見ないと断言しにくいのですが、今までの動きを考えると体力は戻るはずです。

 

とにかく処理しにくいフォロワー。

2ターンに分けて処理も出来ないので、1ターンで体力を削り切る必要があります。

動きとしては、
5ターン目:セレス
6ターン目:永遠の誓い + α
7ターン目:酒呑童子 + アーカス
8ターン目:ギンセツ

とかですかね?

使われると相当面倒くさいと思います。

決定打というより、ダメ押し的な。ギンセツの前後に出てくると厄介なカードだと思います。


次は、

プリンセスナイト
3コスト 3/2(5/4) フォロワー
ファンファーレ:ファンファーレを持つフォロワー(プリンセスナイト以外)をデッキから1枚手札に加える。
進化時:PPを1回復。手札のユニオンバーストを持つフォロワーのユニオンバーストを-2する。

UB(ユニオンバースト)を持ったフォロワーのサポートカードです。

プリンセスナイトの進化で-1、効果で-2、一気に3減らすことができます。

ただ、UB持ちがいないとPPを1回復するだけです。

実質2コスト進化 5/4ですが、そんなに強く無いです。

ファンファーレサーチも、対象が広すぎて何とも言えません。

ネメシスだと対象が絞れますが、UB持ちがいない・・・。アディショナル次第。

ウィッチもキャル確定サーチにすると、ワンチャンスあるかも?キャルOTK的な・・・。

UB持ち確定サーチとかなら強かったのですが、ファンファーレサーチなので、今の所使い道が思い浮かびません。

ただ、UB -3は強いので、残りの追加カード次第では、ワンチャンスあるかも?


 

プリンセスナイトですが、

シャドバプレイヤーとしては、無難かな?と思いますが、

プリコネをやっていると、もう少し尖った性能でも良かったのでは?と思いました。

例えば、5コスト 1/1 自分の場のフォロワー全て+1/+1。このカードが場から離れると効果を失う。

とか。

使え無くても良いんです。

ただ、主人公を引っ張ってきたのなら、もう少し尖った効果が良かったな~と思いました。

 

 

© Cygames, Inc.  

本ウェブサイトは、Cygamesと提携関係にあるものでも、Cygamesが推薦するものでも、スポンサーとなっているものでも、個別に承認したものでもありません。Cygamesは本サイトの運営または内容について責任を負うものではありません。Cygamesの商標およびその他の知的財産の利用は、Cygamesのファンキット利用規約に従う必要があります。Cygamesについて詳しくは、同社ウェブサイト(https://www.cygames.co.jp/)をご覧ください。