シャドバ(Not自作) part 207 ”心が持たん!!”

シャドバ(Not自作) part 207 ”心が持たん!!”

こんばんは、
仕方なかったんです ちきなるです。

 

え~。

ふが悪いといいますか、何と言いますか・・・。

 

ついこの間、清浄は使わんかな~。と、調子に乗っていましたが・・・。

 

使いました。ごめんなさい。

 

普段であれば、使わないのですが。

心が、ぽきっ。と、行きまして・・・。

 


 

ドラゴンが、強い。

アグロ、ミッド、コントロール。

1デッキで、なんでもござれ。

 

まさに。

回れば、最強デッキ。


エルフも強い。

アリア、セッカは、さることながら。

ワンダーツリーフォレストフェアリーが強い。

ぶっちゃけ、アリアセッカだけなら、倒せるんですよね。エルフ。

 

でも、この2枚に下支えされると、本当に強い。

 

アリア下のフォレストフェアリーが・・・。

進化で、2点回復しながら、2/1突進2体。さらに、リーダーに2点ダメージ。

強すぎ!!

進化先も、アリアぐらいしかいないので、切りやすい。

単純に、フェアリーを出すだけでも回復するので、すごい。

  

ワンダーツリーも守護が出るのが、すごい。

あのデッキで、守護出せるのは、本当にえらい。

しかも、ドローするし、回復するし。

フェアリー融合で、2回発動って・・・。

ビショップにも、このぐらい強いアミュレット頂戴!!

 

この2枚が出てこないと、勝てますが、出てきて勝ったためしがない。

エルフ強い。


で!!

この2デッキに勝つために、コントロールとかアグロが増えました。

 

結果、カウントビショップは、かなり厳しい。

 

序盤の横並べに、めっぽう弱いカウントビショップ。

コントロールも、ダメージが足りない。(ヤテラントゥが、引ければ・・・。ヒケレバ・・・。)

 

もう、ボッコボコ。


ただでさえ、環境が厳しいのに、基本運ゲーなカウントビショップは、ストレスマッハ!!

(セリーナの受けが狭いので、どうしても、運要素が強くなります。)

マッチアップで負けて、ドラエルにひかれて、セリーナ引けずに、負け負け負け~。

  

もう無理~。

シャドバやめる~。

 


 

と、思ったのですが・・・。

 

せっかくだし、引退前に清浄使うか。

と、清浄を使ったわけです。

 

一応、ボコボコにされながら、考えていました。

清浄強くね?

と。


エルフは、多分五分。

セッカ絡めて、大ダメージが狙えるので、清浄側の要求値が高め。

常に全回復。

 

一応、招来の大天使で、体力を上げたり。

選択付加守護を2面並べ続ける。(清浄の領域×2枚で、回復3回)

この辺りで、しのげるので、五分。上手い人なら有利!!


乗り物ドラゴンは、有利!!

と、言いたいのですが、あのデッキ、ぶっ壊れているので、微有利。

 

2回ほど、ふっとばされました。

別に事故ったわけでもないのに、ふっとばされました。

そのくらい強いので、微有利。


OTKデッキが少ない現在、清浄が、強い。

 

実際、連勝こそないものの、MPがモリモリ増えています。

 

こんだけ勝てたら、やめられねぇぜ!!シャドバ!!

 


 

デッキは、ネットからパクりました。

Shadowverse Portal

捻る所は、無いかな?


一応。

OTKデッキが増えてきたら、招来の大天使を3枚にしたり。

詠唱:一角獣の祭壇を2枚にして、清浄の領域のサーチ確率を上げたり(ならピラータートル増やす方が良い気も・・・)。

 

調整の余地はありますが、ランクマッチなら気にしなくて良い気がします。


それから・・・。

基本は、清浄の領域2枚置き。

4, 5ターン目清浄!!ではなく。

4ターン目に1枚目。

残りは、EP(進化権)を温存しつつ、2コストでおけるタイミングで、置くのが良いと思います。

余裕があれば、ポン置きでも良いと思います。

 

2枚置きで、選択できない守護2面。

これを毎ターン出来たら、OTKも粉砕出来る。こともあります。

対ウィッチなら、特に。

  


 

清浄ビショップ。

使ってみれば、楽しいです。

が。

やはり、カウントビショップが使いたい!!

 

環境が変わるまで、のんびり清浄を使いつつ、いつか、カウントビショップに戻るんだ。

 

 

© Cygames, Inc.  

本ウェブサイトは、Cygamesと提携関係にあるものでも、Cygamesが推薦するものでも、スポンサーとなっているものでも、個別に承認したものでもありません。Cygamesは本サイトの運営または内容について責任を負うものではありません。Cygamesの商標およびその他の知的財産の利用は、Cygamesのファンキット利用規約に従う必要があります。Cygamesについて詳しくは、同社ウェブサイト(https://www.cygames.co.jp/)をご覧ください。