ブログ開拓記 Pert 92 “パズルゲームについて”

ブログ開拓記 Pert 92 “パズルゲームについて”

こんばんは、ちきなるです。

前回の日記だけで終わらせるのはさすがに手抜き過ぎだと思ったので、ちょっとパズルゲームについて話します。

基本的にパズルゲームは好きなんですが、嫌いなものや苦手なものもあります。

100%クリアできるわけではないゲームとかが嫌いで、苦手なものは1マスしか動かせないゲームです。
※ちなみにその辺りの要素を排除して作ったのがオノグラです。

 

1マスしか動かせないゲームは、基本せっかちな私はもっと動かせてくれ~。となって苦手です。

パズドラを始めてプレイした時はちょっと感動しました。操作時間を設けることでグリグリ動かせるゲーム性は、単純にスゲ~ってなりました。

 

100%クリアできるわけではないゲームは、単純にウガーってなるので嫌いです。必死に考えてプレイしているのに、そもそもクリアできない盤面とか本当に意味が分かりません。なので、運要素によってクリアできるかどうかが決まる一人用のパズルゲームは嫌いです。

一時期キャンディクラッシュをやっていたのですが、本当にクリアできるの?と思いネットで調べたのですが、よくわかりませんでした。何回もやればいつかクリアできると書かれていますが、常にクリアできるとか、逆にクリアできない時があるとか、その辺りを書いているところが見つからず、モヤモヤしながらやめました。

私の中では、クリアできないパターンがあると思っていますが、なにがしかすごいロジックで100%クリアできるようになっているのかもしれません。そこのところがわからないので、それ以降キャンディクラッシュ系のゲームはやっていないです。

キャンディクラッシュにハマる直前だったので、もし、100%クリアできるよってどこかに書いていたら、ドハマりしていた自信があります。

 

ちなみに私、昔ぷよぷよが結構うまいと思ってた時期がありました。当時ぷよぷよをやっている友達がいなかったので、一人でプレイしていたのですが、階段落としをマスターし、これは中々うまいのではと思っていました。

そして、時代が進み、県外の学校へ進学した時、ぷよぷよができる友達ができました。さっそく対戦となったわけですが、レベルが違いました。

こちらがやっとこさ5コンボ組んでる間に相手は、7コンボとか8コンボとか組んでいて、まだまだ伸びる様子でした。

階段落としの先があることをその時初めて知った私は、かなりの衝撃だったことを覚えています。結局対戦でボコボコにされて終わったのですが、それ以来ぷよぷよできる?と聞かれたら弱いけどできるよ。と答えるようになりましたとさ。

ちなみに当時金欠学生だったので、ゲーム機を持っておらず、ぷよぷよの練習はやれませんでした。それ以来ぷよぷよはやっていないのですが、今はもっぱら見る専門でうまい人のプレイ動画とか生配信なんかを見ていたりします。

見るだけでも楽しいぷよぷよってやっぱスゲー。