普通の人は注目されにくい【ブログ開拓記 part 74】

日記

 

こんばんは、ちきなるです。

 

私は、頭の良さが普通です。

 

頭の良い人は、良く目に付きますが、

同じぐらい、

頭の悪い人も、目につきます。

 

逆に、

普通の人は、一部しか見かけません。

(数は多いはずなのに)

 

今日は、そんな話。

 

前回。

生放送をしてみたいな~

 

 

結論から言うと、

頭の良い人の意見は、注目されやすく

それと同様、

頭の悪い人の意見も、注目されやすい。

 

と、言うのも、

多くの人は、自分とは違う意見の人に注目しやすい。

 

頭の良い人の意見は、他とは違う優れた意見になります。

それと同様、

頭の悪い人の意見も、他とは違う劣った意見になります。

(普通の人の意見は、多くの人と一致するため注目されにくい)

 

そのため、

頭の良い人と同様、頭の悪い人の意見も注目を集めます。

 

これが、算数の様に、

2 + 2 = ?

4

1+3

8

とかだと、一目で優劣がわかりますが・・・。

 

世の中、明確な答えが無い問題の方が多いです。

 

そうなると、

優れた意見も劣った意見も、違いが分かりにくくなります。

 

他とは違う!!

と、注目を集めた結果、劣った意見が持ち上げられ、

気付けば、劣った意見が、世の主流になったりします。

 

注目度が高い!!

からといって、真に受けるのではなく、

自分の頭で優劣を判断するのが大事です。

 

 

もう一つ問題があって、

 

普通の人って、比較対象がいません。

頭の良い人と、悪い人の意見が、世に蔓延るため、

普通の人の意見は自然淘汰されます。

 

そのため、

頭が普通の人は、自分の立ち位置を理解することが困難になります。

(私も一時期、頭が良い。と、思いこんでいました。本当は普通なのに)

 

そうなると、

頭の普通の人は、自分の頭が良い。と、勘違いします。

(頭の悪い人の意見と比較して、自分の方が優れているから自分は天才だ。

 と、勘違いします)

 

それだけなら良いのですが・・・。

 

人間は、

頭の出来が同じぐらいの人に共感しやすい。

その中でも、発言に自身のある人を信頼しやすい。

 

さらに、

頭が普通の人は、数が多い。

標準だから。

 

なので、

頭が良い。と、勘違いしている人は、発言に自信が出るため、

普通の人から信頼されやすく、

高い地位を得やすい。です。

(共感されやすく、信頼されやすいので、票が集まりやすい)

 

そして、

頭が良い。と、勘違いしているため、

自分と意見が異なる。頭が良い人の意見を排除しがち。

(頭の良い自分と意見が異なるから、こいつはバカ!!的な?)

 

結果、

世の中から、頭の良い人が排除されていく。

と、言うわけです。

 

普通の人が考える普通の意見で話を進めると、

無難な結果に終わりやすい。

(失敗することも少ないけど、大成功も起こりにくい)

 

それはつまり、停滞・・・。

 

 

最後に!!

 

大事なのは、

自分の頭の出来が、どの程度か理解する事。

 

人間が共感できるのは、頭の出来が近い人です。

 

自分の頭の出来を理解していれば、

相手の頭の出来を把握することが出来ます。

 

この人は、

共感できるから、自分と同じくらい。

 

この人は、

共感できないから、頭が良い or 悪い人。

と、判断が出来ます。

(自分の頭の出来を勘違いしていると、共感できないアイツはバカ!!

 と、決め付ける可能性があります)

 

自分の頭の出来を判断し、

自分に足りない人材を見つけられれば、

天下だって夢じゃない!!

 

 

次。

コメント

タイトルとURLをコピーしました