ブログ開拓記Part315 “科学教について”

ブログ開拓記Part315 “科学教について”

こんばんは、ちきなるです。 

 

今日は、雑談!!

 


 

科学教って、知っていますか?

 

ざっくり言うと・・・。

 

科学で、全てが証明できる!!

絶対の学問!!

って、やつです。


でもですね。

私は、思うのです。

科学って、もっとこう、懐の広いものではないかと。

 

科学って、未知を既知に落とし込むもので、

未知を否定し、消し去るものでは無い。

と、思うのです。

 

「科学的根拠がない」「科学的に証明できない」

だから

存在しない。

 

ではなく。

科学では、証明できない分野。

ないしは。

現代科学では、検証できない分野。

 

が、正しいと思うわけです。


例えば・・・。

血液型占い。

2005年ごろに行われた実験で、科学的根拠がない。

と、よく言われていますが・・・。

あれって、結局のところ。

血液型が性格に影響を与えているかどうかは、わからないけれど、少なくとも、血液型以外に強く性格に影響を与える要因がある。

と、言うことでは、無いでしょうか。

 

仮に、血液型が性格に影響を与えないことを実証するのであれば・・・。

血液型以外すべてが同一の個体を複数用意して、全く同一の環境で、同一の育て方を行い、性格に差異が出ないことを証明すれば、限りなく、血液型が、性格に影響を与えないことを実証できると思います。

ここまでやっても、その時点の科学では、認識できない差異(性格や条件)が存在している可能性がある以上、確定できないわけです。

 

つまり。

科学的根拠がない。と、言うのは、現時点では、肯定できない。と、言うだけで、否定しているわけでは、ないのです。多分。

 


 

と、まぁ、長々と、語ったわけですが。

何を言いたかったかと言いますと。

 

例えば、詐欺商品。

実際には、効果が無いのに、あたかも、効果があるように、うたっている商品。

これらは、効果がある。と、主張しているので、

実験の結果、効果があることを、確認できなかった。

所謂、科学的根拠が無い。

これで、否定することが出来ます。

何せ相手が、効果がある!!と、主張しているので。

 

一方、未知の現象。

原因が不明で、再現性の無い現象です。

限りなく、同一の条件で再現実験をするも、同一の現象を確認できなかった。

つまり、科学的に証明できなかった。

これは、否定にはなりません。

現代科学で確認することが出来ない、未知の現象。

と、なるわけです。

 

このあたりを混同して、科学的根拠が無い!!科学的に証明されていない!!

だから、存在しない!!

と、相手を否定しているのを、たまに見かけます。

それは、良くないのでは、ないでしょうか。

と、思った次第でございます。

 

以上!!雑な談でした。